俺は池江璃花子が大好きだ!

2018-08-31

 

おはようございます、山田です。

数日前の夕方に川西能勢口のマクドナルドで、

70歳の先輩と会いました。

ゴルフ場管理会社の先輩。

私にワープロの使い方とかを教えてくれた優しい先輩です。

今も墓のセールスマンで働いているそうです。

(「絶対に年金だけでは、誰も生きていけない。」そうです。)

久しぶりに会って、今は無い会社にいた人たちの噂話。

その後、どういうわけか、水泳の池江璃花子さんの話題になりました。

「水泳の池江璃花子、彼女はいいねえ。

性格も良さそう。」

私、あまり、スポーツに興味のない。

(他人がやるスポーツに興味がないという意味。)

しかし、水泳の池江璃花子さんはいいですねえ。

強いし、可愛いし、綺麗だし。

笑顔がすごく良い。

本当に性格の良さそうなお嬢さんです。

まあ、私たちは、一方的に彼女を気に入っているのですが。

彼女に心配なことがあります。

今、高校3年生の彼女、「日大に進学するかもしれない」説が有力らしいです。

コーチが日大出身で、今年のはじめは日大水泳部に入ることがほぼ決まっていたそう。

しかし、例のアメフト事件、また、チアリーディング部の監督のパワハラ事件等があり、

考え直したのですが。

やはり、諸々の事情で日大に行くかも、という事情です。

私としては、絶対に日大に行くのはやめてもらいたい。

日大の運動部の上下関係、閉鎖性は、反社会的集団そのもの。

彼女を守るために

さらに水泳の能力を伸ばすために

さらには水泳だけでなく、人生の勝利者となるために

さらに「青春」を味わうために

外国にスポーツ留学してほしい。

絶対にその方が良い。

これは意見が一致しましたね。

日大に限らず、日本の学生スポーツは異様だと思います。

アメフト、相撲、柔道、レスリング、居合、ボクシング、ここ数日は体操協会も。

こんな変なことばかり起こるのは、

学校のクラブ活動を中心としたスポーツだから。

学校の広告になるので、喫煙、暴行、窃盗とかをやっても

「見て見ぬ振り」、しごきも誰も止める人がいないのです。

「強い」運動部は、だいたいがしごきがまかり通る「変態さん」の世界(笑)。

これが「会社、カイシャ」という異様な集団に繋がっていく。

日本の学校の部活動は、「軍隊」をモデルにしております。

日本の反社会的集団も「軍隊」をモデルにしております。

日本の会社組織も「軍隊」をモデルにしております。

階級が上の者の命令は絶対、パワハラは当然、逆らうとひどい仕返しがある。

サービス残業も軍隊組織の流れを組むからこそ、起きる話。

これらの腐りきった組織、すべて、「軍隊」をモデルにしているから。

例えば、ドイツでは、学生でもスポーツをやる場所は、

地域スポーツクラブです。

日本のように学校単位で競うことは稀。

だから、日本のように体罰やしごき、いじめもないのです。

そして、ドイツの方がスポーツも強い!

日本では、体罰やしごきが問題になるたびに

「いや、強くなるためには必要だ!」と言い張るバカが多いです。

いやあ、絶対に違いますよね?

ドイツの方が合理的。

ここから、私たち二人の話題は、

「日本の会社はひどい」という話になりました。

そして、学生時代だけでなく、成人してから、大多数の方が働く

会社(カイシャ)でも差がありすぎる。

私の友人は、ドイツで会社を経営しています。

Mr.Kとしましょう。

彼といろいろと話したことがあります。

Mr.K「従業員が残業?

ドイツではありえないですよ。

サービス残業?

山田さん、そんなことをドイツで従業員にやらせたら、即時に会社は廃業しなくちゃいけない。」

Mr.K「スーパーとかも土曜日、日曜日は完全に休み!

みんな、人生を楽しんでいますよ。

人間らしく生きられる国です。

日本、絶対におかしいですよ

狂っています。」

ドイツ、羨ましいですね。

一説には、「日本人は実質、ドイツ人の倍ほどの時間を働いている。

でも、労働生産性は、ドイツの方が上」と言われています。

(本当だと思います。)

池江さんの話から日大となり、さらには学生スポーツの問題となり、

日本の会社の批判となりました(笑)。

まあ、でも、私たち二人お話は正しいのです。

私が言いたいことは、

「日本人よ、狂っているよ。

絶対におかしいよ。」ということです。

ドイツのように人間が人間らしく生きられる素晴らしい国に

なってほしい。

でも。

でも。

But!

無理やろね。

だから、みなさんにお勧めしたいのは、

私がやったように狂った日本社会から、脱獄すること。

「シャーシャンクの空に」作戦です。

この脱獄作戦では、3つのツールを使っています。

「シャーシャンクの空に」作戦です。

あと1週間ほどしたら、「シャーシャンクの空に」作戦の詳細を話しますね。

人生が変わる方、多いと思います。

乞うご期待!

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.