拙速は巧遅に勝る!

2019-03-21

おはようございます、山田です。

昨日の夕方も私は、宝塚のゴールドジムにいました。

昨日は、「疲労回復のための」PHAトレーニングを20分。

その後、トレッドミルに乗りました。

時速4 km で、傾斜角度を6度、これで60分か歩くのです。

いやー、実はですね、

テレビ大阪の「水戸黄門」を見るのです。

だいたい、1時間。

いつもワンパターンですね。

助さんと格さんが 、悪者をどつき回します(笑)。

そして。

助さんが、「静まれ!静まれ!」と大声で叫びます。

印籠を出します。

格さんが、

「 ここにおわす方を

どなたと心得る。

畏れ多くも 

先の副将軍、水戸光圀公で あらせられるぞ!」

スーとしますね(笑)。

昨日は、このカーディオの後に本棚にあった「日経ビジネス」を読みました。

「 どこにある?ベストの人生」という記事に興味を惹かれたのです。

抜粋します。

—————————————————————————————————

北欧のデンマークは、経済協力開発機構(OECD)で最もワークライフバランスが進んでいる一国といわれる。

そのバランスがいかに優れているかは、首都コペンハーゲンのIT企業で働く37歳の男性、ヘンリク・ペデルセン氏の働きぶりを見てもよく分かる。

—————————————————————————————————

彼は、朝の8時から夕方4時まで働いて、

年収は、楽に千万を超えるそうです。

デンマークでは、当たり前らしいですね。

なんか、羨ましいですねえ。 

日本人の年収の中央値(平均ではない)は、

男性で440万円ぐらいらしいです。

平均値にするとものすごい高いエリートサラリーマンが、

平均をあげてしまうので、「 ちょうど真ん中」の中央値を使いました。

日本人の年収、これからますます下がっていくでしょうね。

日本の経済、 伸びる要素が全くありませんから。

また、定年が七十歳になります。

これも大きく年収を下げる要因です。

日本人の年収は、 とても低いですね。

しかも労働時間は、世界でも(実際には)

1位か2位を争うのではないでしょうか?

統計では、(サービス残業とかが多い)、

日本人の平均年間労働時間は、1711時間、

世界ランキングでは22位と意外に少ないです。

でもね、これは、嘘っぱち(笑)。

「山田さん、

私は、毎日、朝の8時から夜の9時まで働いている。

土曜日や日曜日の休日出勤も普通。

年間2800時間ほどは働いてるよ。

でも、 日本の会社としては、多分、普通だ。

平均ぐらいじゃないかな。」

これが実態です。

やってられないですよねえ?
毎日、 毎日、サービス残業の連続。

ゆったりと休むこともできないし、筋トレとか

大好きな趣味をする時間もない。

奴隷ですよね?

では、 どうすれば良いのか?

色々と方法はあるのですが、一つ良い方法をお教えしましょう。

「拙速は巧遅に勝る!」

これを徹底するのです。

「巧くても遅い」よりは、

「拙くて速い」方がずっとマシであるということ。

Facebookの創業者、マーク・ザッカーバーグさんが、

Done is better than perfect

と言ってますが、ほぼ同じ意味。

スピード、スピード!

私はいつもそうでした。

例をあげましょう。

例:私は「与沢塾第一期」1200名の中で圧倒的な一位になりました。

私は4月14日の与沢塾開講の日に全てのDVD(19枚)と資料全てを1日でマスターして、その日からガンガンと行動しました。

はい、正確にいうと1時間以内。

必要な箇所しか視聴しなかったのです。

本当に重要なこと、本質を素早く見つけて、行動です。

他の方が「ブログ、Facebook、ツィッター」でコツコツとメールアドレスを集める中、

ただ一人、プロダクトローンチだけをやり、一挙に1万人のメールアドレスを獲得しました。

私は、塾の方針「ブログ、Facebook、ツィッターをやってみる。」を

切り捨てたのです。

塾の期間は3か月でしたが、プロダクトローンチをやり遂げたのは私1人でした。

注:プロダクトローンチとは?

(広告等を使い、LP(ランディングページ)でお客を集客し、

お客に数回のアプローチをし、

セールスで爆発させる。 上級者向けの高度な手法)

それも塾の開始2週間で全てを終えました。

与沢塾長は、ほんとに気前の良いひとです。

与沢塾では「現在進行形で自分がやっていること」を全て公開されました。

ただ、「最終奥義(アフィリエイトセンター構築)まで行ける人はいないかも。

大変だから。」と思われたそうです(あとで聞いた)。

こんなやりとりがあったそうです。

スタッフの方「与沢さん、プロダクトローンチのやり方、DVDで、あんなに詳しくはなしてしまってもいいのですか?

極秘事項ではないですか?」

与沢さん「いいんだよ。

多分、誰にもできないから。」

そう言いながら、与沢さん、寂しそうだったそうです。

「塾生の方には、誰か最終奥義(アフィリエイトセンター構築、プロダクトローンチ)まで

行って欲しい。

でも、そこまで真剣に打ち込む人はいないだろうなあ。

寂しい。」

こんな感じだったそうです。

予想に反して、私はやったのです。

それも開始2週間以内という超スピードで。

まさに「スピード、スピード」でした。

武田信玄の「風林火山」。

「其の疾きこと風の如く」

私は、最初のローンチ「ヘルスエキスパート塾」を4月末にスタート、川島和正さんのメルマガに載せてもらうと。

すぐに与沢塾長からフェイスブックのメッセージが来ました。⇒私、ビックリ(笑)

与沢塾長「私にもアフィリさせてください。」

私「当然です、恐縮です。

私、与沢塾生ですよ。」

与沢塾長「ええ、たったの2週間でここまで。

信じられない(絶句)」

インターネットでのやり取りですが、チャットみたいな感じになり。

57歳という私の年齢を聞き、さらに絶句。

「信じられない。

若い方でもできないのに。

57歳の方がこんな超スピードで、、、、」

そして、拍手してくれました(イメージ)。

与沢さんは、とても心の優しい気持ちの良い方です。

すごく応援してくれて、メルマガで何回も紹介してくれました。

本人も嬉しかったのでしょう。

さて、私の秘密。

なぜ、こんなに早くできたか?

フライングです。

私は、開講までの日々、与沢塾長が公開したあらゆる動画、資料を観ました、研究しました。

その結果、99パーセントを開港までにマスターしていたのです。

ほんとです。

提供されている無料動画、資料で99パーセントは語られているのです。

考えてみてください。

神さまでもない限り。

「1日で膨大な量の与沢塾の内容をマスターしたり」、「その日から行動」は不可能です。

私は、既に99パーセントを無料動画等で学んでいたからこそ、神速で行動できたのです。

DVDで「最後の1パーセントの1ピース」を聞き、「分かった!」と叫んだのです。

あえて、楽で確実な道を捨てて、

困難で難しいプロダクトローンチに挑んだのです。
「普通の人と同じように考えて、

普通の人と同じように行動して、

並外れた成果はでない!」

今日は、「超人的に見えても

手品と同じで、理屈がわかれば、

誰でもできるよー」という話でした。

今、販売中の「Focus&Flow」、

何回も繰り替え位しますが、行動な秘密も公開しますが、

「5時に会社を去る方法」と行った基本の情報を

質、ボリュームともあげます。

私、40歳以後に勤めて会社、並み居る同僚を無視して、

ただ一人、毎日、5時に帰ってましたから。

Focus&Flow

http://www.yamadatoyoharu.com/speed.pdf

待ってます!

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.